• ¥ 240,000
  • AIプレミアムコースの 2回目、3回目、4回目 教材がセットになった商品です。 既に1回目を受講されている方が対象です。 (《エクストリーム》AIへの道 購入者など)

  • ¥ 250,000
  • IoTプレミアムコースの 2回目、3回目、4回目、5回目、6回目 教材がセットになった商品です。 既に1回目を受講されている方が対象です。 (《スーパーノヴァ》IoTへの道 購入者など)

  • ¥ 2,600
  • スクラッチ+マイクロビットで、楽しくプログラミング学習! 本キットは、プログラミング教材のみで、マイクロビットは含まれておりません。 【数量限定!】ツクレルが仕掛けたさまざまな「問題」を、あなたのやり方で回答して、ゲームを完成させよう! ■ツクキットーーしっかり教材付 micro:bit+Scratch 4つのゲームがつくれるプログラミングキット(動画解説付き)の内容 - スクラッチ+マイクロビットで、楽しくプログラミング学習ができます。 - ツクレルが仕掛けたさまざまな「問題」を、あなたのやり方で回答して、ゲームを完成させてください。 - またテキストにはルビがふってあるのでお子様でも読めるように配慮されています。 - 動画をふんだんに使い実際にプログラミングをしている状態を見ながら学習できます。 - 例えば、教材の一つである「ビリビリ迷路」ではマイクロビットの傾きに応じてスクラッチ上のボールを操作し、自分で描いた迷路の壁にぶつからずにゴールを目指すゲームを作ります。 その他に3つ(合計4つ)のゲーム作成を通じて、スクラッチとマイクロビットの操作に慣れることができます。 ※本キットに、micro:bit(マイクロビット)本体は含まれておりません。

  • ¥ 5,000
  • スクラッチ+マイクロビットで、楽しくプログラミング学習! 本キットには、マイクロビット本体と、プログラミング教材がセットになっています。 【数量限定!】ツクレルが仕掛けたさまざまな「問題」を、あなたのやり方で回答して、ゲームを完成させよう! ■ツクキットーーしっかり教材付 micro:bit+Scratch 4つのゲームがつくれるプログラミングキット(動画解説付き)の内容 スクラッチ+マイクロビットで、楽しくプログラミング学習ができます。 ツクレルが仕掛けたさまざまな「問題」を、あなたのやり方で回答して、ゲームを完成させてください。 またテキストにはルビがふってあるのでお子様でも読めるように配慮されています。 動画をふんだんに使い実際にプログラミングをしている状態を見ながら学習できます。 例えば、教材の一つである「ビリビリ迷路」ではマイクロビットの傾きに応じてスクラッチ上のボールを操作し、自分で描いた迷路の壁にぶつからずにゴールを目指すゲームを作ります。 その他に3つ(合計4つ)のゲーム作成を通じて、スクラッチとマイクロビットの操作に慣れることができます。 ■内容物 micro:bit本体 ツクレル教材「スクラッチ+micro:bit」に関する4つの課題 上記の課題の回答例、テキスト+動画解説

  • ¥ 18,000
  • 期間限定割引:2020年10月19日月曜23時まで、新教材追加記念で76%OFFを実施しております。この機会に御購入ください。 ===== 本商品はツクレル「AI見守りカメラコース」全編(第1章〜第6章)の閲覧権限です。 ご購入いただきました方には別途、既にツクレルのアカウントをお持ちの方には閲覧権限を、まだお持ちで無い方には閲覧権限付きのアカウントを発行いたします。 ※なお、本商品にはRaspberry Piやカメラなどの物品は付属しておりません。ご注意ください。 ■オンライン教材「AI見守りカメラコース」について このコースは、Raspberry Pi (ラズパイ) でとにかく何かを作ってみたいという方向けに、Raspberry Pi (ラズパイ) を使った見守りカメラをつくることを目指します。 具体的には、AIを使ってカメラに写った人を判別することによって、普段、自分がどのくらいの時間机に向かっているのかを知らせるモノを作ります。 さらに、本コースの内容を応用することで、次のようなモノを作るための考え方が身につきます。 ペットがカメラに写ったことを知らせる トイレが空いているかどうか知らせる 赤ちゃんが特定の場所からいなくなってしまったことを検知する 会議室や飲食店の人数をカウントする ■本コースの構成 本コースは、大きく前編と後編に分かれています。 前編 開発環境の用意とAIを使った人物検知に挑戦します。 後編 検知結果を活用して、スマホへの通知といった応用的な内容に取り組みます。 後編は、LINEを使ってスマホへ通知したり、プログラムを常駐化させることで、アクセスや設定などしないで動き続けるようにすること。最後にはAIを使った物体検出(そこに物があるかどうか判断させたり、それが何であるかを判断させること)までを広くカバーし、より実践的な内容です。 ■AI見守りカメラコース もくじ 1章 開発環境の構築 2章 人の判別にチャレンジしよう 3章 滞在時間を調べよう 4章 スマホへ通知しよう 5章 プログラムを継続的に動かそう 6章 物体検出の工夫 あとがき

  • ¥ 352,000
  • プログラミング初学者がオリジナルAIを開発できるまでの道のりを強力サポート! 毎月届く「モノ」と「サンプルコード」「テキスト」を使ってAIの開発スキルを身につける学習コース。 ・AIを使う ・AIを作る 2つの目的を同時に学べます。 また、クラウドを使ったAIのみならず、自動運転や顔認証でも使われる「エッジAI」まで完全カバー。 AI開発の現場で培ったノウハウを詰め込んだ豊富なのサンプルコードを使い、AIとIoTを組み合わせたオリジナルシステムを構築するまでをプロのエンジニアと一緒に学びましょう。

  • ¥ 330,000
  • IoTの基礎から応用まで6ヶ月でマスター 毎月届く「モノ」と「サンプルコード」「テキスト」を使ってRaspberry Piを使ったセンシングから、データ解析までIoTに必要とされるスキルをお手軽に学習できます。期間はたったの6ヶ月ですが、沢山のサンプルコードが貴社のエンジニアのスキルアップに確実に貢献します。6ヶ月間の学習を通す事で、IoTの構成要素「センシング」「アナライズ」「トリガー」「アクチュエーション」がシームレスに稼働するIoTシステムを構築できるエンジニアになることを目指します。1ヶ月あたり5万円、トータル30万円でIoTの実践ノウハウを得る事ができます。また、500名以上の初学者を育成してきた経験から、挫折するポイントを事前に潰したカリキュラムをオンラインで学習する事ができます。